災害時にトイレが使えない時、39.6%の人が「自宅のトイレが使えない時コンビニを利用する」と回答。「町内全体が断水や停電になったらトイレが使えないので困る」という声も。

災害時にトイレが使えない時、39.6%の人が「自宅のトイレが使えない時コンビニを利用する」と回答。「町内全体が断水や停電になったらトイレが使えないので困る」という声も。
災害時は広域に停電や断水が発生し、コンビニもその例外ではありません。しかし、生活インフラとして頼られる存在のコンビニはその安心感からいつでもトイレが使える誤った認識が広がっていました。

災害用トイレ処理セット「マイレット」を製造・販売するまいにち株式会社(本社:大阪府岸和田市、代表取締役:勘米良 和則)は、500名に「災害時のトイレに関するアンケート」を実施しました。

アンケート調査の概要
調査対象:日本全国
調査方法:WEBアンケート
調査期間:2019年11月27日~2019年12月18日
回答人数:500名

コンビニのトイレを利用する人が約4割で最大
はじめに、断水や停電などで自宅のトイレが使えないときの対処法について聞いたところ、「近所のコンビニを利用する」と答えた人が198人(39.6%)で、避難所のトイレや自宅の災害用トイレ備蓄などを上回る結果となりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/32971/4/resize/d32971-4-603286-1.png ]


なお、その行動について具体的な理由としては、次のような声がみられました。

コンビニのトイレは清潔で明るい雰囲気なので(40代)
コンビニが災害時の支援場所になっているので(30代)
それ以外に方法がないから(30代)
近くにたくさんのコンビニがあるので(20代)
コンビニなら借りやすいから(40代)
無料ですぐに借りられる場所(50代)

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月14日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。