【ネパール】合格者続出!特定技能「介護」即戦力育成プログラムを開始

【ネパール】合格者続出!特定技能「介護」即戦力育成プログラムを開始
2019年4月に創設された在留資格「特定技能」。既に国内外で試験が実施されており、その中でもネパールでは試験の応募が殺到するなど国民の関心も高い。

株式会社Dogwood Community(本社:兵庫県神戸市 代表取締役 池田省平) は、4月に創設された新たな在留資格「特定技能」の中でも難易度が高い特定技能「介護」試験において、弊社監修の教育プログラムを受講した12名の生徒が3つのテスト(介護技能評価試験、介護日本語評価試験、国際交流基金日本語基礎テスト)全てに合格しました。
そして、弊社では日本で就業するまでの期間を有効活用し合格者たちへさらなる即戦力「人財」を育成するプログラムを開始しました。


12名合格者のうち8名は、日本に来たことがなく1から学習を始めた学生たち


[画像1: https://prtimes.jp/i/52685/5/resize/d52685-5-478628-0.jpg ]

・ネパールでは、10月より特定技能「介護」試験がスタートしましたがネパールでは「介護」という文化がなく、教育システムも十分にありませんでした。また、試験を受けるためには抽選式になっており抽選に当たった者のみ受験できるシステムになっているため初めて行われた試験結果は、
1.介護技能評価試験  受験者数15人 合格者0人(0.0%)
2.介護日本語評価試験 受験者数12人 合格者1人(8.3%)
とかなり低い数字でした。特定技能は、1.2.両方の試験に合格しかつ国際交流基金日本語基礎テストまたは日本語能力試験N4以上全ての条件が必要であるため、介護経験や日本への留学経験等がない人たちにとっては難易度が高いテストになります。弊社は、ネパールを中心に昨年8月より特定技能試験に特化した教育プロジェクトを進め現地2社のトレーニングセンター「HANAMIZUKI TRAINING LTD」「Reiwa Nepal Institute Pvt Ltd」と業務提携を結び準備を進めて参りました。1から学習を始める学生が合格できるよう、学習のカリキュラム作成からスタートし、また通学が難しい学生のためにインターネットを利用したオンライン学習システムを導入しました。また、日本での就労に向け学業に専念できるよう学費については実質無料にし、日本で働けるまでの過程においても費用は一切徴収しない形をとっています。同じく、日本の受け入れ機関からも紹介料等の費用は一切発生させない方法で運営しておりコストが抑えられる分、多くの学生を受け入れていいただきたいという弊社の考えがあります。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月16日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。