ヘイズ アジア5ヶ国・地域における1244職務の給与水準と、5,146人の雇用実態調査

ヘイズ アジア5ヶ国・地域における1244職務の給与水準と、5,146人の雇用実態調査
日本のハイスキルIT人材や管理職の給与、中国では倍のケースも

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:リチャード・アードレイ、以下ヘイズ)は本日、アジア5ヶ国・地域における1244職務の給与水準(当社実績ベース)と、5,146人に対して行った雇用の実態調査の結果をまとめた「ヘイズ アジア給与ガイド」を発表いたします。
https://www.hays.co.jp/salary-guide/index.htm

これは2008年から毎年行っている調査で、今年で13年目になります。

【主な調査結果】
昨年1年間の昇給率は日本が最も低く、3%以下の昇給との回答が約半数(48%)。一方で中国は3-6%の昇給が最も多い(42%)。(図1)
ハイスキル人材が転職する理由として最も多い回答は「新たな挑戦」(56%)、一方で、中国、香港(特別行政区)、マレーシア、シンガポールの最大の転職理由は「給与」。(図2)
日本のトップIT人材、管理職、マネジメントレベルの給与は中国、香港(特別行政区)、シンガポールより低い傾向。(ヘイズの成約実績ベースのデータによるもの、図3,4)


図1:雇用の実態調査より:過去1年間の昇給率(雇用主への調査)

[画像1: https://prtimes.jp/i/8738/236/resize/d8738-236-113199-0.png

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。