今注目すべき「弱バリア肌」スペシャル対談を実施

▼気になるつづきはWEBで公開中
https://www.phil-inc.com/campaign/x-barrier_jakubarrierhada/

■ヒアルロン酸の約5倍の保水力をもつ「サクラン™」の役割
 「サクラン™」※は、ヒアルロン酸の約5倍の保水力を持つといわれる高保湿成分ですが、高分子のため肌内部に浸透しにくいです。「大丈夫なの?」とご質問を受けそうですが、浸透せずに皮膚表面を覆うことで、様々な外部刺激から肌を守ってくれるのです。一般的な化粧品では、主に粉体(パウダー状の成分)を用いて外部刺激をブロックしますが、「サクラン™」※を用いることでブロック効果だけでなく皮膚表面のうるおい保持効果も同時に期待できます。まさに、「弱バリア肌」にはうってつけな成分、というわけです。
※スイゼンジノリ多糖体

■ 「弱バリア肌」を脱するには?
 弱バリア肌を立て直すと、言うのは簡単でも、それをきちんと実現するのは実は簡単なことではないと語る篠崎。肌のバリア機能というのは3つの層からできていて、それぞれのバリア層に必要な成分は異なります。その事実を受け構築されたのが、化粧水・美容液ゲル・クリームにそれぞれ役割を分けた「バリアコンプリーションシステム」です。

■まずは、バリア機能をマイナスからゼロへ
 自身も様々なケアを試してきたという美容家の浅利氏は、「バリア機能を強化すること。マイナスの肌状態からまずは『ゼロ』の状態へ戻すことが重要」といいます。バリア機能がマイナス状態で、美白ケアなどを取り入れてしまうと、刺激が強く、肌がそれを拒否してマイナスの度合いを深めてしまう恐れがあるため、まずはバリア機能を強化し、肌の土台を整えてからプラスアルファのケアへ進むべきだと語りました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月28日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。