渋谷からJリーグを目指すTOKYO CITY F.C.が、全国各地で街のごみ拾い活動を展開するNPO法人green birdとソーシャルパートナー契約を締結

渋谷からJリーグを目指すTOKYO CITY F.C.が、全国各地で街のごみ拾い活動を展開するNPO法人green birdとソーシャルパートナー契約を締結
[画像: https://prtimes.jp/i/41717/29/resize/d41717-29-729627-0.jpg ]

TOKYO CITY F.C.を運営する株式会社PLAYNEW(東京都渋谷区、CEO 山内 一樹)と 特定非営利活動法人 green bird(東京都渋谷区、理事長 福田 圭祐)は、新たにソーシャルパートナーシップを締結しました。

TOKYO CITY F.C.は、渋谷生まれのソーシャルフットボールクラブとして、「Football for good “ワクワクし続ける渋谷をフットボールで”」をビジョンに掲げており、渋谷区を中心に、自分たちが住む街をもっとキレイで、もっとカッコイイ街にするために「街のそうじ」を主な活動としているgreen birdの理念とTOKYO CITY F.C.のビジョンが一致し、2019シーズンからの継続となるソーシャルパートナーシップの締結に至りました。

TOKYO CITY F.C.とgreen birdは、2018年のハロウィン後に渋谷の街の清掃活動に選手・スタッフが参加したことをきっかけにさまざまな取り組みを始めました。渋谷、表参道チームの定期的な清掃活動をはじめとし、green birdが運営する原宿のコミュニティスペース「subaCO」ではトークイベントやスポーツアクティビティを共同で実施しました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月12日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。