世界遺産エリアの喫煙環境を整備し、火災リスクの少ない白川郷へ 白川村とフィリップ モリス、合掌造り集落の自然環境の保全を目指し、包括協定を締結

世界遺産エリアの喫煙環境を整備し、火災リスクの少ない白川郷へ 白川村とフィリップ モリス、合掌造り集落の自然環境の保全を目指し、包括協定を締結
岐阜県白川村、(村長:成原 茂、以下白川村)とフィリップ モリス ジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、社長:シェリー・ゴー、以下PMJ)は、包括協定を締結し、2020年4月1日(水)より新しい喫煙環境を整備します。紙巻たばこのない環境づくりを目指し、火を使わない加熱式たばこ専用喫煙所を整備することで、世界遺産白川郷は、火災リスクが軽減された、煙のない環境に生まれ変わります。

-包括協定締結の目的
世界遺産白川郷合掌造り集落の保全と受動喫煙対策を行うことで、より安全でクリーンな環境を白川村およびPMJが協働して促進すること

-協定事項(抜粋)
1. 白川郷合掌造り集落にある荻町多目的集会施設、荻町公園など、中央幹線沿に、加熱式たばこ専用喫煙所を整備すること
2. 集落外縁に所在する白川郷バスターミナルおよびせせらぎ公園駐車場に、紙巻たばこも使用可能な喫煙所を整備すること
3. 白川村とPMJが協働し、多言語のピクトグラムサイン看板の設置、パンフレットの配布などを通じて国内外からの来訪客に喫煙環境の変更を周知すること

<包括協定締結の経緯>
近年、世界遺産で数多く火災が発生し、保全の重要性がますます高まっています。白川郷でも2019年11月に火災が発生したことを受け、村民と観光客が火災予防の共通意識を持って白川郷を守っていく必要性が出てきました。
また、2020年4月1日(水)から全面施行される改正健康増進法に伴い、屋外であっても望まない受動喫煙を生じさせることがないよう周囲の状況に配慮することが求められます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月24日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。