『2025年、人は「買い物」をしなくなる』が、発売3ヵ月で6刷重版・累計部数25,000部突破

『2025年、人は「買い物」をしなくなる』が、発売3ヵ月で6刷重版・累計部数25,000部突破
Amazonベストセラーランキング第1位、書籍総合35位!!

株式会社いつも.の取締役副社長・望月智之の著本『2025年、人は「買い物」をしなくなる』が発売3カ月で6刷重版・累計部数25,000部を突破しました。ラジオ番組やビジネス誌を中心に取り上げられています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/45980/21/resize/d45980-21-596628-5.png ]


■買い物の80%は移動時間、なくなるのは様々な「プロセス」

私たちの買い物の時間は、時代と共に短くなっている。便利さに飽きてきた消費者に「時間」という新たな価値を
提供するため、その短い時間を小売りやメーカーは奪い合っている。買い物時間は限りなく0に近づき、世の中から様々なものが消えることになる。「いかに消費者の時間を獲得していくか」に多くの企業が投資し始めるだろう。

■2025年の買い物は、もっと無意識になっていて「買っている」という意識が薄れる

検索して「探す」というプロセスがなくなり、自分の興味のある商品がタイムラインのように流れてきて好きなものをポチっと押す、タイムライン型の買い物になるだろう。こうした技術の進歩の過程で見直されるのは「人とのつながりやモノの本質」。その価値を追い続ける企業が生き残り、それを大切にする個人が人生を謳歌する時代になっていく。本書では「人は買い物をしなくなる」と述べているが、それは逆説的に買い物が人々の生活に深く浸透することを意味する。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月2日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。