一般社団法人益田サイバースマートシティ創造協議会 新理事体制に関するご報告

代表理事   豊崎 禎久 <新任>
代表理事   橋本 剛  <新任>
専務理事   根本 隆之 <新任>
理事     末松 謙一 <新任>

顧問     石川 智久 理学博士 <新任>
NPO法人 地方再興・個別化医療支援 理事長
一般社団法人ZENグローバルアカデミー ファウンダー
前理化学研究所(上級研究員・テーマリーダー)
元東京工業大学(教授)
元ファイザー社中央研究所(主任研究員・室長・部長)
元テキサス大学M.D.アンダーソン癌センター(助教授)
元ドイツ癌研究センター(プロジェクトリーダー)
元大阪大学医学部(助手)
元ドイツ・デュッセルドルフ大学医学部(博士研究員)


島根県益田市の課題解決型スマートシティ、「ダブルトップ体制」で取り組み加速へ
日本は課題先進国である。世界に先駆けて少子化や高齢化が急ピッチに進行しており、それを原因とする医療費の増大や都市化、過疎化などの社会問題が顕在化している。加えて、地震や台風、水害などの自然災害が多く、これに対処することも喫緊の課題だ。
こうした数多ある課題を、ICT技術の活用で解決することを目的に、2016年にスタートしたのが島根県益田市でのスマートシティ・プロジェクトである。2018年10月には「一般社団法人益田サイバースマートシティ創造協議会(MCSCC)」が設立されて取り組みが本格化し、現在では様々な実証実験が始まっている。
MCSCCは2020年4月1日に人事異動を発表し、豊崎禎久氏と橋本剛氏の2名が代表理事に就任することをアナウンスした。これまで代表理事は1名体制だったが、これを2名体制に変更したことになる。その目的は何なのか。さらには、益田市におけるスマートシティ・プロジェクトの現状や今後の展開などについて、豊崎氏と橋本氏に聞いた(聞き手:山下勝己=技術ジャーナリスト)。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク