一般社団法人益田サイバースマートシティ創造協議会 新理事体制に関するご報告

―――2020年4月1日に、社団法人益田サイバースマートシティ創造協議会(MCSCC)の代表理事に豊崎禎久氏と橋本剛氏の2名が就任しました。まずは、益田市でのスマートシティ・プロジェクトの状況を教えてください。

豊崎 島根県益田市のスマートシティ・プロジェクトは、とても順調に進んでいます。このプロジェクトの特徴は「課題解決型」であることです。従来のスマートシティの多くは、大都市(アーバン)が対象で、テクノロジ・オリエンテッドな取り組みがほとんどでした。一方、益田市の人口はわずか5万人弱。いわゆる田舎(ルーラル)です。しかし、ルーラルであるからこそ、社会課題を抽出しやすい。そうした社会課題に対して、最適なテクノロジを選んで適用し、解決していく。これが基本的な考え方です。

現在展開している実証実験としては水害対策があります。市内の用水路の水位を測定するIoTシステムを導入して何カ所もの水位を測定し、樋門を開閉することで水位を調整して浸水や冠水を防ぎます。測定結果は「LPWA」と呼ぶ無線通信方式で基地局に送ってから光ファイバ網経由でクラウド環境にアップします。

さらに益田市では、壮年期の住民の血圧が高いという課題があります。そこで、IoT機能が付いた血圧計を配布し、高齢者が測定した血圧データを収集し分析することで、健康状態を見守る仕組みを導入しました。

―――このタイミングで代表理事を刷新した理由は何でしょうか。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク