世界総勢10万チームのうち、わずか125チームしか出場できないプログラミング技術の世界大会『ICPC 2020 World Finals』に当社社員所属の会津大学競技プログラミング部が出場決定

世界総勢10万チームのうち、わずか125チームしか出場できないプログラミング技術の世界大会『ICPC 2020 World Finals』に当社社員所属の会津大学競技プログラミング部が出場決定
 エッジ※1側でリアルタイムな自律学習・予測が可能な独自のAIアルゴリズム「AiiR(AI in Real-time)※2」シリーズを提供するエッジAIスタートアップの株式会社エイシング(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:出澤純一)は、この度、3人一組でプログラミング技術を競う国際大学対抗プログラミングコンテスト(ICPC)の世界大会『ICPC 2020 World Finals』に、当社社員が所属する会津大学競技プログラミング部の「UKUNICHIA」の出場が決定したことをお知らせします。同大学からの世界大会出場は、3年ぶり4度目です。

[画像: https://prtimes.jp/i/26145/17/resize/d26145-17-979095-0.png ]

■プログラミング技術の世界大会「国際大学対抗プログラミングコンテスト(ICPC)」
 国際大学対抗プログラミングコンテスト(ICPC:International Collegiate Programming Contest)は、ICPC財団が主催する、大学対抗で行われる世界規模のプログラミングコンテストです。同じ大学の3人の学生がチームを結成し、チームでプログラミングと問題解決の能力を競う大会で、世界の各大学から複数のチームが国内予選に出場。その成績により選抜されたチームが地区予選(日本の場合はアジア地区予選)に出場し、各地区から選抜された最優秀チームが世界大会に出場できる仕組みとなっています。世界大会は1つの大学から1つのチームしか参加できず、事実上の大学対抗プログラミングコンテストと位置づけられています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月7日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。