『昭和40年男』vol.61「俺たちが愛した東京」5/11(月)発売!デビュー45周年の岩崎宏美さんをはじめ多くの著名人が東京を語る

『昭和40年男』vol.61「俺たちが愛した東京」5/11(月)発売!デビュー45周年の岩崎宏美さんをはじめ多くの著名人が東京を語る
東京タワーの表紙をチェック!

昨年で創刊10周年を迎えた、昭和40年生まれの男性向け年齢限定マガジン『昭和40年男』。5月11日(月)には、vol.61が発売となります。二度目の東京オリンピックが予定されていた今年、 “首都・東京” について考える機会も多いのではないでしょうか。そこで今回の巻頭大特集は「俺たちが愛した東京」。昭和40年男世代にとっての “憧れの街・東京” の姿を、様々な企画で誌面によみがえらせ、ふり返っていきます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/49919/7/resize/d49919-7-104816-0.jpg ]


特集の「prologue」として幕開けを飾るのは「松本 隆の風街の歌を聴け」。「ルビーの指環」「東京ららばい」「九月の雨」…今年で実に作詞活動50年という “風街詩人” 松本 隆。彼が手がけた都会の香り漂う詞の世界から、昭和40年男が愛した東京の風景を探ります。

そして始まる特集本編は、「side A 消えた東京」と「side B 消えゆく東京」に分けた二部構成。レコードやカセットテープにならったアナログ味あふれる仕様(?)となっています。

「side A 消えた東京」は、移り変わりの激しい都市の、もはや追憶の彼方へと消えていった場所や風景をふり返っていくパート。冒頭の「青春タウンMAP」では、かつて発行されていた月刊タウン誌『angle』(主婦と生活社)をフィーチャーし、1979年の同誌に掲載された銀座・渋谷・六本木・新宿・原宿、5つの街のタウンマップを掲載。手描きで細かく作り込まれた地図から、当時の街の風景が鮮やかに蘇ってくることでしょう。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月11日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。