第3回学生が選ぶインターンシップアワード、生和コーポレーション株式会社「100年先のまちづくり」が大賞に決定!産学の取り組みを表彰する文部科学大臣賞は東京都市大学「海外インターンシップ」が受賞

第3回学生が選ぶインターンシップアワード、生和コーポレーション株式会社「100年先のまちづくり」が大賞に決定!産学の取り組みを表彰する文部科学大臣賞は東京都市大学「海外インターンシップ」が受賞
学生の社会的・職業的自立に寄与するインターンシップを表彰

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営事務局をつとめる、『学生が選ぶインターンシップアワード』実行委員会は、学生の社会的・職業的自立に貢献したインターンシップを表彰する『第3回学生が選ぶインターンシップアワード』を開催しました。(後援:経済産業省、厚生労働省、文部科学省、日本経済新聞社、マイナビ)

[画像1: https://prtimes.jp/i/2955/1190/resize/d2955-1190-424477-2.jpg ]


この度、応募総数361法人・482プログラムのなかから、学生アンケートや学生選考会、選考委員会などの審査を経て、生和コーポレーション株式会社のインターンシップ「100年先のまちづくり」が大賞を受賞しました。また、今回から新たに設けた、産学連携の取り組みを表彰する「文部科学大臣賞」には東京都市大学の「海外インターンシップ」が選ばれました。


<大賞>生和コーポレーション株式会社「100年先のまちづくり」

[画像2: https://prtimes.jp/i/2955/1190/resize/d2955-1190-650429-1.jpg ]


●職業体験4日、ビジネススキル研修1日、コンペ4日、フィードバック1日の計10日間プログラム

受賞理由:
現場体験と企画・提案型プログラムがバランスよく組み込まれた10日間のインターンシップ。5日間の現場体験を経験した後、ビルのコンセプト立案からイメージ図面の作成まで行うコンペ形式の課題に挑む。実際に現地調査や提案資料作成までチームで競い合う形式。事前のオリエンテーションで各個人が目標設定を行い、最終日に1日かけてプレゼン及び個人へのフィードバックを実施するなど、学生個々人の成長を意識していた点が高く評価されました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月18日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。