全米各紙誌が絶賛! 世界で唯一、手銛1本で闘う真の捕鯨集団である「ラマレラ」村。クジラとともに生きてきた部族の軌跡を辿るノンフィクション『ラマレラ 最後のクジラの民』を新発売

全米各紙誌が絶賛! 世界で唯一、手銛1本で闘う真の捕鯨集団である「ラマレラ」村。クジラとともに生きてきた部族の軌跡を辿るノンフィクション『ラマレラ 最後のクジラの民』を新発売
~勇魚(いさな)と呼ばれた海の王者クジラと、繊細かつ豪胆な海人の戦い~

 捕鯨を生活の糧とする慣習は昔から世界各地にありましたが、「太陽(レラ)の土地(ラマ)」と名付けられたインドネシアの小さな村「ラマレラ」は、今も捕鯨で生きる世界最後の存在。そのラマレラを舞台に、圧倒的な迫力のクジラ狩りと、村人の心の葛藤を追いかけた迫真のルポルタージュ『ラマレラ 最後のクジラの民』(NHK出版、2020年5月29日刊)が発売です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/18219/194/resize/d18219-194-117823-0.jpg ]


 クジラ狩りの銛手「ラマファ」。彼らの主たる獲物は、歯を持つ肉食動物として現存する最大の生物、マッコウクジラです。ラマファはたった1本の手銛のみで、真っ向から戦いを挑みます。
 肥沃な土地に恵まれず作物を育てるのには向かないラマレラにおいて、人々の栄養摂取と文化を何百年も支えてきたクジラ狩り。しかし、過去二十年ほどの間で、ラマレラにも近代化の波が押し寄せています。祖先から受け継いだ暮らしを守るべきか、それとも変化を受け入れるべきか、人々の心は揺れ動きます。ラマファに憧れる若者ジョン、もっと教育を受けたい妹のイーカ、誇り高いラマレラ一番のラマファであるイグナシウス、都会生活を夢見るその息子ベン……。ラマレラで生きる人々のドラマを通して、存続の危機にある希少文化の“いま”がいきいきと描き出されます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。