27歳若手経営者が"最年少最で最高額" 故郷に1億1円寄付 竹花貴騎氏

27歳若手経営者が"最年少最で最高額" 故郷に1億1円寄付 竹花貴騎氏
拡大する(全1枚)
竹花貴騎氏故郷に1億円寄付 [記者会見内容を掲載]

シンガポールを本拠地として世界6カ国に人工知能を活用したAIマーケティングシステムを提供するLimグループ代表竹花貴騎氏(27歳)が東京東村山市に1億1円の個人寄付を行った。会見で渡部尚東村山市長は「最年少で最高額の寄付だ、とても嬉しい」と語った。

[画像1: https://prtimes.jp/i/37853/6/resize/d37853-6-644717-1.jpg ]

人工知能を活用したマーケティング事業を展開するLimグループ代表の竹花貴騎氏(27歳)は、設立3年でシンガポールを拠点に世界6カ国、300名を牽引する起業家であると同時に、竹花財団という自身の財団を運営し国外貧困地域での学校の経営や、地域支援などをの活動にも力を入れている。

2020年6月3日の記者会見および贈呈式では寄付の理由について「教育が一番失敗しない投資だ」と自身が経営する投資会社などでの経験も語りながら、「世界中のモノやコトが急速に変わる中、授業風景だけは数百年変わっていない。教育を一番必要としているのは教育だ」と教育への熱意を伝えた。
[画像2: https://prtimes.jp/i/37853/6/resize/d37853-6-386106-0.jpg ]

その熱意を受け渡部市長は市内の全小中学生約1万人に対し、一人1台のタブレット端末の賞与を計画するなど、オンライン学習環境の整備を早期に進める計画を示した。市長は竹花氏の寄付について「27歳で1億円を寄付した人は私の知る限りでもいない。最年少で最高額」と驚きを伝えるとともに「今後、こう言った行動をする人間の背中を見た東村山の若者が第二の竹花貴騎になってくれることを願っている」と期待を寄せた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク