ネットラーニング、デジタル修了証明書『オープンバッジ』発行開始

ネットラーニング、デジタル修了証明書『オープンバッジ』発行開始
拡大する(全1枚)
eラーニング業界最大手の株式会社ネットラーニング(代表取締役社長:岸田 徹、本社:東京都新宿区)は、同社が提供しているeラーニングコースの受講者向けに、オープンバッジ発行サービスを本日(2020年7月9日)開始しました。

「学歴より学習歴」といわれる時代において、学習歴の証明とその信頼性は大変重要視されてきています。オープンバッジ※1は、ブロックチェーン技術を使うことで、改ざんや偽造を不可能とし、信頼性が高く、インターネット上でいつでもその内容を証明することができる、デジタル修了証明です。世界標準規格で定められたオープンバッジは、数年間で世界で1億個ちかく発行されたとも言われています。そして、日本でもいよいよ本格的なオープンバッジの発行がはじまります。ネットラーニングは、毎年約1,000万人の受講生がおり、今年度のオープンバッジ発行数は数百万個を見込んでいます。海外では、オープンバッジの発行により学習意欲が高まりさらに修了率も上がったという報告があります。オープンバッジの発行開始から数週間で学習者数が129%増加し、さらに修了した学習者数は前年比の226%増加した、という数字から見ても、学習意欲が単なる興味本位ではなく最後の学びまで継続する力をも生み出したと言えるでしょう※3。企業においてオープンバッジを発行したところ、従業員とのエンゲージメントが高まったという報告もあります。

日本でも、2020年4月のサービス開始からわずか3ヵ月で、すでに国際教養大学など16社・校ほどが、発行済みまたは発行に向けて準備中です。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク