環境ベンチャーの株式会社カミーノ、植物成分96%以上のプラスチック代替素材PAPLUS(R)(パプラス)製の容器の商品化を開始
拡大する(全1枚)
英国のオーガニック化粧品ブランド「ニールズヤード レメディーズ」がノベルティに採用

紙を再利用した環境配慮型素材開発ベンチャーの株式会社カミーノ(本社:東京都港区、代表取締役:深澤幸一郎、以下カミーノ)は、イギリス生まれのオーガニックコスメ、ヘルス&ビューティーブランドである株式会社ニールズヤード レメディーズ(本社:東京都港区、代表取締役:梶原建二、以下ニールズヤード)と共同で、紙と植物由来生分解性樹脂(ポリ乳酸)を複合した植物成分96%以上を実現した新素材PAPLUS(R)(パプラス)製の多目的容器「マルチエコカップ」を開発しました。マルチエコカップは、飲料用カップとして使えるほか、小物入れや植物用プランターとしても使用でき、そのまま土中に埋めると一定の期間を経て崩壊し、水と二酸化炭素に還ります。また燃えるゴミとして廃棄することも可能です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/52121/2/resize/d52121-2-643839-2.jpg ]


ニールズヤードでは、世界の主要農作物の75%の受粉を担うと言われながら、その数が近年急激に経ているみつばちを救うため「SAVE THE BEES - 2020年までに5000万匹のみつばちを救おう!」キャンペーンを来る7月31日~8月18日まで実施予定で、マルチエコカップは、同キャンペーン期間中、売り上げの3%がみつばちを救う活動に寄付されるBee LOVELY(ビーラブリー)シリーズ商品対象製品を3,000円(税抜)以上ご購入された方にプレゼントされます。