非SLAM屋内型ドローン自律飛行システムを開発する株式会社Spiral、ジェトロ「アジアDX等新規事業創造推進支援事業費補助金」に採択 

非SLAM屋内型ドローン自律飛行システムを開発する株式会社Spiral、ジェトロ「アジアDX等新規事業創造推進支援事業費補助金」に採択 
拡大する(全1枚)
~ インドのTOSIL社との共同開発を加速 ~

 屋内に特化したドローン自律飛行システム「MarkFlex(R)Air」を開発する株式会社Spiral(本社:東京都千代田区、代表取締役:石川知寛、以下Spiral)は、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)による「アジアDX等新規事業創造推進支援事業費補助金(日印経済産業協力事業)」の事業者として採択されました。
 組込みシステムの設計開発を行うインドのスタートアップ企業、TOSIL Systems(本社:インド、CEO:BIJU VISWANATHAN、以下TOSIL)と協業し、建築/土木現場の目視による巡回作業を革新する屋内型ドローンサービスの実現を目指します。

[画像: https://prtimes.jp/i/55110/2/resize/d55110-2-876004-0.jpg ]

■ドローンとデジタル技術で建築/土木の生産性向上を目指す
 Spiralは、建築・土木現場のGPSが使えない屋内や地下などにおいてドローンを自律飛行させる非SLAM型技術の開発と提供を行っています。省人化・自動化が急務とされている工事現場では、現場の状況把握や進捗記録業務などの「巡回系」に自律飛行ドローンによる空撮の活用が期待されています。
 実用化に向けて、導入容易性と安全性確保の両立などの課題があり、Spiralでは解決策として特許技術のマーカーを用いてドローンの自律飛行を可能にするシステム「MarkFlex(R)Air:MFA」を開発しています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク