千葉県南房総市とふるさとチョイス、ふるさと納税を活用して、台風被害からの「房州びわ」産地復興のため1,000万円の資金調達を開始

千葉県南房総市とふるさとチョイス、ふるさと納税を活用して、台風被害からの「房州びわ」産地復興のため1,000万円の資金調達を開始
       
~ ふるさと納税で地域課題解決の資金を募る「ガバメントクラウドファンディング(R)」を活用 ~

千葉県南房総市とふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:川村憲一、以下「トラストバンク」)は8月6日、トラストバンクが提供する、クラウドファンディング型でふるさと納税を募る仕組み「ガバメントクラウドファンディング(R)」(以下GCF)で、【令和元年台風15号により被害を受け生産できなくなった、初夏の味覚「房州びわ」の復活】を目的としたプロジェクトを開始します。募集期間は2020年8月6日~11月3日、目標寄付金額は1,000万円です。

令和元年台風15号は、南房総市のびわ農家に甚大な被害をもたらしました。
多くのびわの木が倒れた状態となりましたが、びわを栽培する山へ続く農道が倒木で遮断されているため、復旧にはまず倒木の撤去が必要な状況です。令和2年のびわの生産量は、例年と比較するとハウス栽培のものが6~7割、露地栽培のものが半分程度となりました。

南房総市富浦地区で栽培するびわは皇室への献上品であり、明治42年に始められ、第二次世界大戦中の一時期などを除き令和元年の献上で105回を数えました。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のためもありますが、昨年の台風被害により生産量が減少したことが一番の原因となり、今年は皇室献上が途絶えることとなりました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月6日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。