こども宅食推進議員連盟が設立!国策化への大きな一歩を踏み出しました

こども宅食推進議員連盟が設立!国策化への大きな一歩を踏み出しました
拡大する(全1枚)
経済的に厳しい子育て家庭に継続的に食品等をお届けしながら、必要なときには適切な支援につなげるなどの見守り支援を行う「こども宅食」。
2018年に立ち上がった一般社団法人こども宅食応援団は、「こども宅食」を実施したいという全国各地からの声を受け、各地で実施団体の立ち上げ・伴走支援を行うとともに、制度化に向けた政策提言などの活動を行ってきました。

この度、こども宅食の制度化検討に向けた「こども宅食推進議員連盟」が設立され、2020年8月27日、参議院議員会館で設立総会が実施されました。議員・メディア各社約60名が集まり大きな注目を集める中、発起人の稲田朋美議員が「恒久的な制度にするため、地方議員や首長とも連携をしていきたい」と述べるなど、国策化に向けて大きな一歩を踏み出しました。
一般社団法人こども宅食応援団の代表理事・駒崎弘樹もこども宅食を実施する第一人者として出席し、全国での事例の提示や、withコロナ時代におけるこども宅食の必要性を訴えました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/57038/10/resize/d57038-10-682280-0.jpg ]

■孤立しがちな困窮家庭に必要な「届け、つながり、つなげる」こども宅食の支援

こども宅食は、経済的に厳しい状況に置かれる子育て家庭等に、食品をお届けすることをきっかけに継続的なつながりを持ち、ご家庭の困り事やリスクの予兆を見つけたときに行政等の必要な支援につなげる見守り支援を行っています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク