M&Aテック協会、「中小M&A市場の健全な発展」を目的として、オンラインM&Aアドバイザリーサービス「M&A駆け込み寺」をスタート

M&Aテック協会、「中小M&A市場の健全な発展」を目的として、オンラインM&Aアドバイザリーサービス「M&A駆け込み寺」をスタート
拡大する(全1枚)
一般社団法人M&Aテック協会(代表:久禮義継)は、この度、中小M&Aを安心・安全に実行できる環境を提供することを目的として、オンラインM&Aアドバイザリーサービス「M&A駆け込み寺」をスタートしました

M&Aを検討中の方々は、本サービスを活用することで、M&Aにまつわる様々な不安やお困りごとから解放されるため、安心してM&Aの検討を進めることができます。その結果、M&Aプロセスの重大局面における判断軸も明確になることから、M&Aの成功確率を大幅に高めることにつながるものと確信しています。
【サイトアドレス】 https://online.ma-tech.org/

【本サービスを提供する理由】
中小M&AにおいてもM&Aアドバイザーによる支援の必要性は高い


 M&Aというものは、 たとえ小規模であっても作業や手間は大規模案件と比べてもあまり変わらず、そんなに簡単に事は進みません。実際に現場からも「思っていたよりも手間がかかって大変だった」「想定外の壁にぶち当たり断念した」「気軽に相談する相手がいなかった」というような声がよく聞こえてきます。したがって、小粒のM&Aであっても、M&Aアドバイザーによる支援の必要性が高いのは大規模案件と変わりません。
 特に近年中小M&Aの案件数は急速に増加しており、そして今年の3月には中小企業庁より「中小M&Aガイドライン」が公表されるなど、中小M&A市場はかつてない盛り上がりを見せています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク