ブランディアが推進する SDGsの取り組み「#廃棄 0 プロジェクト」第 2 弾として、金沢文化服装学院と連携

ブランディアが推進する SDGsの取り組み「#廃棄 0 プロジェクト」第 2 弾として、金沢文化服装学院と連携
拡大する(全1枚)
廃棄衣料を無償提供、廃棄品が 7 着のドレスに生まれ変わります

BEENOS 株式会社(東京都品川区 代表取締役:直井 聖太、以下「BEENOS」)の連結子会社で、ブ ランド品宅配買取サービス「ブランディア」を運営する株式会社デファクトスタンダード(本社:東京都大田区、 代表取締役社長:仙頭健一、以下「デファクトスタンダード」)は、2030 年までに「ブランディア」のサービスか ら出る「廃棄 0」を目指す取り組みの一環として、廃棄衣料を金沢文化服装学院に無償提供し、7 着のドレ スに生まれ変わる「ブランディア×金沢文化服装学院コラボ #廃棄0プロジェクト」を2020年9月11日(金) より開始いたしました。ドレス完成までの様子は、随時SNS で「#廃棄0プロジェクト」として発信していきます。

▼プレスリリースPDFダウンロード
https://prtimes.jp/a/?f=d54472-20200914-3843.pdf
[画像1: https://prtimes.jp/i/54472/28/resize/d54472-28-665909-0.png ]

■「ブランディア×金沢文化服装学院コラボ#廃棄 0 プロジェクト」の背景
当社では SDGs の取り組みとして、2020 年 4 月より、宅配買取サービス「ブランディア」にてお値段がつけら れず、廃棄せざるを得なかった衣料を、独自のリサイクル手段を通じて削減していく「廃棄0プロジェクト」を開始 しました。第 1 弾では、ハンドメイド人口・素材の需要と高価な材料費負担の関係に着目し、ハンドメイド作家 さんに素材提供を実施いたしました。本取り組みの一環として、買取専門店「ブランディア」のノベルティ作成も行っております。 ブランディアでは、査定数に対して 6.4%のお品物が廃棄となっております。「#廃棄 0 プロジェクト」では、衣服としては値段がつかない廃棄衣料に素材としての新たな価値を見出し、リメイク用の素材として提供すること でモノの循環を促し、2030 年までにサービスから出る「廃棄 0」を目指しています。 金沢文化服装学院では、年間約 70 万トン※注1にも及ぶ廃棄衣料問題を、これからアパレル業界に進む学生のみなさんが考えるべき重要な課題と捉えていることから、本年より廃棄衣料問題に授業で取り組み、古着のアップサイクルを行う課題を開始しております。その過程で当社の「#廃棄 0 プロジェクト」に共感いただき、お声掛けをいただいたことから、今回のコラボプロジェクトがスタートしました。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月14日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。