インドネシアほかASEANで、低コストで単一の倉庫業務を効率化し、在庫管理を一元化できるEC支援プラットフォーム「ECウェアハウス」開始

【2】倉庫業務の進捗と在庫情報を管理画面で可視化し、リアルタイムで管理できます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/36705/58/resize/d36705-58-308420-2.png ]

●倉庫業務の作業の進捗を一元管理
・商品在庫の受け取りと確認、仕分け (バーコード入力、マニュアル入力)
・アロケーションアウト、商品のピッキング
・梱包と配送

●在庫状況を一元管理
・在庫の流れ
・低在庫品アラート
・在庫商品リスト(商品の詳細な格納場所、数量、および移動の概要)


【3】低コストで倉庫業務を効率化し、在庫管理を一元化できます。

●主なご利用料金
・販売手数料 無料
・初期費用 無料
・月額費用
10商品(SKU)まで 月額100万ルピア(=7,000円)
1商品(SKU)追加 月額3,000ルピア(=21円)
保管場所と在庫数量の追加 月額200万ルピア(=14,000円)
在庫変動履歴の閲覧期限解除 月額350万ルピア(=24,500円)
※為替レート 1ルピア=0.0070円(2020年10月15日時点)


■【参考]「ECショッピングカート」の開発のベースとなっている、独自開発の統合型ECクラウドプラットフォーム「ECCS」について

[画像4: https://prtimes.jp/i/36705/58/resize/d36705-58-140367-3.png ]

EASG独自開発の統合型ECクラウドプラットフォーム「ECCS(Enterprise Commerce Cloud Service)」は、自社のECサイトや、Tokopedia、Shoppee、Bukalapak、Lazada、Blibliなど、インドネシアをはじめとするASEANの主要ECモール内の自社EC店舗、さらには自社リアル店舗の運用を一元管理できるサービスです。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク