農業界初!~新規就農者支援プラットフォーム「アグティー」をリリース

の資料の中で新規就農者の75.5%が生計が成り立っていないと答えており、その理由として40%が「栽培管理上の課題がある」と回答しています。
栽培管理上の課題を農業界初のスキルシェアサービスの「アグティー」で解決することにより、新規就農者の離農を防ぐことができます。

●業界初、農業に特化したスキルシェアサービス
--JAの普及員、地域の農業改良普及員の減少--
地元農業に深く根付いている農協。その中の営農指導員は、農業の栽培のことに関して何でも質問ができ、農家さんの信頼が高いと言われています。しかし平成21年に農林水産省から出された「農協の現状と課題について」によると昭和55年の8,661人を境に減少しており、平成19年には4,323人にまで減少しています。また農業改良普及員も平成7年の11,145人から平成21年には7,955人にまで減少しております。全国に販売農家は196万戸いるため、単純計算で農業改良普及員1人あたり245戸の販売農家の指導をしなくてはなりません。これでは各販売農家に十分な指導が行き届きません。そこでこの問題を「アグティー」により解決することができます。

--新規就農者が特産品ではない作物を栽培。--
移住して新規就農者として農業を始める場合、多くは地元の特産品を栽培するのが一般的です。しかし、近年では私塾のような農業大学校ができ、誰もが農業を学べる環境ができました。このため農家によっては作れる品目より、作りたい品目・栽培方法で品目を選ぶ方もいます。しかし、特産品ではない農産物を栽培する場合、栽培技術は誰も教えてくれません。農業界初の「アグティー」ならこのような場合でも、全国の農家と繋がることができるので栽培の課題を解決できます。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。