【銀座 蔦屋書店】干支や駄洒落から"江戸の文化"を覗く浮世絵|歌川国芳「十二支見立職人づくし」をアレンジしたユーモアあふれるオリジナル商品を12月9日から新発売。

【銀座 蔦屋書店】干支や駄洒落から"江戸の文化"を覗く浮世絵|歌川国芳「十二支見立職人づくし」をアレンジしたユーモアあふれるオリジナル商品を12月9日から新発売。
おうち時間を楽しくしてくれるマスキングテープやクッキー型などが登場。

銀座 蔦屋書店(東京都中央区 GINZA SIX 6F )は、 店舗オリジナル雑貨、江戸シリーズから新シリーズ「モダン江戸職人づくし」を12月9日(水)から新発売いたします。


[画像1: https://prtimes.jp/i/58854/71/resize/d58854-71-133140-12.png ]


歌川国芳の浮世絵「十二支見立職人づくし」から生まれた「モダン江戸職人づくし」

銀座 蔦屋書店オリジナル商品「モダン江戸職人づくし」シリーズは、日本が世界に誇る浮世絵の巨匠、歌川国芳の「十二支見立職人づくし」を現代風にアレンジしたユーモアあふれるビジュアルの雑貨になります。

歌川国芳の原作である「十二支見立職人づくし」では十二支が"駄洒落"を込めた職業をするユニークな姿で表現されています。それぞれの干支がどんな職業で描かれているのかを探るのがとても楽しい浮世絵です。
来年の干支の丑は、江戸時代荷運びの役割を担っていたからか、車輪を作っていたり、犬は「おわん(ワン)を作る職人」になっていたり、毎日朝が来たことを知らせるニワトリは「時計を修理する職人」として表現されています。


[画像2: https://prtimes.jp/i/58854/71/resize/d58854-71-692048-13.png

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月4日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。