コロナが影響 「2020年、今年販売苦戦したランキング」 口紅、鎮暈剤、総合感冒薬など化粧品、市販薬中心に行動変化が背景

コロナが影響 「2020年、今年販売苦戦したランキング」 口紅、鎮暈剤、総合感冒薬など化粧品、市販薬中心に行動変化が背景
拡大する(全1枚)
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、全国約4,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI(R)(全国小売店パネル調査)をもとに、コロナで揺れた今年、日用消費財の販売にどのような変化が生じ、苦戦したカテゴリーがあったかを推定販売金額から振り返る「2020年、今年販売苦戦したランキング」を発表しました。(データは10月分まで使用)
【関連:コロナで激変 「2020年、今年売れたものランキング」(12月7日に公開されています)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000109.000036691.html

[ポイント]


新型コロナによる行動、生活の変化が直撃。外出や旅行の自粛、マスク着用、衛生意識など影響
1位・口紅は約半減。化粧品は10位までに5つランクイン
2位・鎮暈剤(酔い止め薬など)は移動、旅行の自粛が影響。インバウンドの減少で苦戦の市販薬も
9位・総合感冒薬は、コロナ対策により風邪の減少が要因に
ステイホーム、在宅勤務などの影響は食品、飲料、雑貨などでも


図表1
[画像1: https://prtimes.jp/i/36691/110/resize/d36691-110-427025-0.png ]


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/36691/table/110_1.jpg
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク