「京都市指定有形文化財 長江家住宅」を電気火災から守る

「京都市指定有形文化財 長江家住宅」を電気火災から守る
拡大する(全1枚)
受配電設備メーカーの河村電器産業株式会社(本社:愛知県瀬戸市 社長:水野一隆)は、貴重な文化財を火災から守るべく、電気火災を未然に防ぐコンセントを1月13日に京都市指定有形文化財である長江家住宅に寄贈いたしました。

 当社は1919年の創業以来、電気を安全・安心に使用するための製品をつくり続けてまいりました。そこで培った技術を活かし、近年対策が迫られる「電気火災」を防ぐための製品の普及に力を入れております。
 その活動の一環として2014年より、ホコリが原因で発生するトラッキング火災を独自の検出回路で防ぐ「プレトラックコンセント」を各地の重要文化財、歴史的価値のある建物・施設への設置を進めてきました。

 そして今回、株式会社フージャースホールディングスが所有する、京都市指定有形文化財である長江家住宅に「プレトラックコンセント」と「住宅用分電盤」を寄贈いたしました。

長江家住宅は、間口13m、奥行54m、面積200坪余(700平米)の木造住宅です。職住一体の典型的な京町家の佇まいを今も受け継いでいることにより、2005年4月に、主屋北棟(内装除く)、主屋南棟、化粧部屋、離れ座敷、土蔵2棟の計6棟が「京都市指定有形文化財」の指定を受けています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/36773/8/resize/d36773-8-115737-0.jpg ]

【設置製品】
・プレトラックコンセント 24個

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月13日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。