【開発途上国の子供達に給食を届ける】地元学生らと「地産地消と国際支援の一皿」をテーマに共同商品考案。石川県金沢市のレストラン3店舗で「TABLE FOR TWO」メニューの提供開始。売上の一部を寄付。

【開発途上国の子供達に給食を届ける】地元学生らと「地産地消と国際支援の一皿」をテーマに共同商品考案。石川県金沢市のレストラン3店舗で「TABLE FOR TWO」メニューの提供開始。売上の一部を寄付。
アイエムエムフードサービス株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:水口直文、以下:IMM)は運営するJR金沢駅前の飲食店3店舗で、開発途上国の子どもたちに給食を届ける「TABLE FOR TWO」の活動普及への協力として、ボランティア団体「Team OneS(チーム・ワンズ)」と共同開発したメニューの販売を開始。

[画像1: https://prtimes.jp/i/62684/55/resize/d62684-55-334735-0.jpg ]


肥満と飢餓の同時解決を目指したプログラム。「TABLE FOR TWO」のヘルシーメニューの推奨と開発途上国への学校給食支援

日本で始まった世界の食料問題に取り組むNPO法人「テーブル・フォー・ツー・インターナショナル(東京都)」の社会貢献活動「TABLE FOR TWO(以下、TFT)」は、健康に考慮したメニューを対象店舗で購入すると、食事代のうち20円がアフリカやアジアなどの子どもの1食分の給食費になるという取り組みです。 ヘルシーメニューで健康に気を配りつつ寄付もできるとして、食堂から始まり、レストランやスーパー、宅配、自動販売機、様々な形で広がり、国内企業や官公庁、学校など現在約700団体が参加しているプロジェクトです。


地元ボランティアと共同開発。地元食材をテーマにしたヘルシーメニューで地産地消と寄付達成を目指す。

IMM社が、TFTの取組みを北陸に普及するボランティア団体「Team OneS(チーム・ワンズ)」へ活動の協力を申し出たことで、共同開発が実現。TFT新メニュー販売に向け、昨年10月から打ち合わせや試作を重ね、完成した商品はIMMが運営する金沢市内の3店舗にて提供。3店舗はいづれもJR金沢駅周辺に所在。商業施設金沢フォーラス内の二店舗。白海老やガス海老など北陸の海産物を使った専門店「海老天丼こし」と、パリのテラスカフェを再現したお洒落なデザインが若い世代に人気の「sabrina カフェ&テラス」。また、金沢港口(旧西口)ターミナル内を見下ろす好ロケーションが人気の大人の社交場「THE STATION BAR MIXOLOGY(ザステーションバー)」。新メニュー開発のテーマに、金沢の方言で「じわもん」と言う「地元で取れた素材」の使用が掲げられ、寄付と合わせ地産地消の促進が目指されました。社会人4名と大学生5名でつくられる「Team OneS」のメンバーは3つのチームに分かれ、3店舗の「ヘルシーかつ地物食材をつかった地産地消メニュー」が完成。提供は3月31日まで予定され、一食売れる毎にアジアやアフリカの子供達に給食一食分にあたる二十円が寄付される。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月14日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。