法令化対応ストレスチェックを超える組織改善ワンストップサービス 新「アドバンテッジ タフネス」発売
拡大する(全1枚)
~本質的な課題を「見える化」すると同時に個と組織をプラスの方向に「変える」~

 株式会社アドバンテッジ リスク マネジメントは、ストレスチェック義務化対応プログラム「アドバンテッジ タフネス」をリニューアルし、本年4月(*)よりリリースいたします。業種業態、従業員規模を問わず多数のサービス提供実績と蓄積された国内最大級のビッグデータを強みに、新機能を追加し、「組織改善ワンストップサービス」として生まれ変わります。
*パルスサーベイ、及び一部機能については2021年度上半期中リリース予定です。

 新型コロナウイルスの影響が長期化するなか、従業員のメンタルヘルスの悪化が懸念されています。テレワークの広がりなどで見えづらくなった従業員の状況を可視化する手段として、改めてストレスチェックを始めとしたサーベイが注目されています。その一方で、当社が昨年度実施したアンケート(*)によると、「従業員向けの調査を実施するうえでの課題」として、回答者の半数以上が「結果を活かした職場環境改善」を挙げました。「結果のフィードバックの仕方がわからない」などサーベイを活かした改善が進んでいない様子がうかがえます。
*2019年12月、当社メルマガ会員に実施し328名が回答

 当社が提供する「アドバンテッジ タフネス」は、リスク・コストにつながる「ストレス」面の課題特定に加え、生産性向上につながる「エンゲージメント」を引き上げるアップサイドの観点にも着目した当社独自の「メンタリティマネジメント」を推進するプログラムです。個人を取り巻く組織や環境などの外部要因に加え、個人のストレス耐性やエンゲージメントレベルに大きな影響を与える個人の認知対処行動上の特性である「メンタルタフネス度」にも注目すると同時に、「見える化」された課題を実際の改善につなげるための様々なソリューションも提供してまいりました。