2月27日から開催の「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり ―コローから印象派へ―」。福井県立美術館 × ArtStickerのコラボレーションを開始。
拡大する(全1枚)
株式会社The Chain Museum(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:遠山正道、以下「The Chain Museum」)は、2021年2月27日~3月21日に、福井県立美術館にて開催される「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり ―コローから印象派へ―」を機に、運営するアート・プラットフォーム「ArtSticker」にて福井県立美術館の情報発信及び音声ガイドやオンライン配信等のコラボレーションを展開していきます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/38948/40/resize/d38948-40-741278-0.png ]


概要


「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり ―コローから印象派へ―」

会期
2021年2月27日(土)~2021年3月21日(日)

開館時間
9:00-17:00 (入場 16:30まで)

会場
福井県立美術館

住所
福井県福井市文京3丁目16-1

電話
0776-25-0452

Email
finearts@pref.fukui.lg.jp

休館日
会期中無休

観覧料
一般 1,400円(団体 1,120円)
高校生 800円(団体 640円)
中小生 500円(団体 400円)
※団体は20名以上
※障がい者および介護者1名は半額
※未就学児は無料


ランス美術館コレクションについて

フランス絵画の宝庫として知られる、ランス美術館(フランス)選りすぐりのコレクションを中心に、76点が福井にやって来ます。 本展は19世紀フランス風景画の流れを一望できる、またとない機会となります。 パリにほど近いフォンテーヌブローの“森”を愛したコローらバルビゾン派から、ブーダンのもとノルマンディーの“海”に集った仲間たちへ。そして絵画に色彩と光の革命をもたらした、モネ、ルノワール、ピサロら“印象派”へと展開してゆきます。 画家たちは、屋外での制作を通して、神話や聖書などの物語の背景でしかなかった、景色や自然そのものに、大きな可能性を見い出したのです。名画の数々でたどる「印象派への道」を心ゆくまでご堪能ください。