認知症の人でも記憶を持つことができる!記憶を保持し、家族のコミュニケーションにも役立つ「おぼえている手帳」を発売します~記憶の保持がむずかしい方でもご自身が時間の中で生きている証を持てるように~

]

おぼえている手帳を発売
 株式会社ビークルは認知症の人が、周りのサポートを得て、写真と日々の記録文を蓄積していく「おぼえている手帳」を発売して、認知症の人に一人でも多く記憶を持てるようにします。http://oboeteiru.com のオンラインショップで、4/15から発売予定です。また追って書店などでの一般発売も予定しています。

認知症とは 
 認知症は加齢に伴い、記憶の保持ができなくなる症状です。それ以外にも様々な周辺の症状があります。進行を遅らせる薬はありますが、まだ決定的な治療薬はありません。2025年には、日本の認知症人口は750万人になるといわれています。つまり近い将来の日本においては、ご家族やご近所の方に認知症の方がいることが珍しくなくなることになります。認知症のご本人が持っている問題として、近い過去に関する記憶が保持できないことがあげられます。そのことによって漠然とした不安を持っていることは想像に難くありません。
 「おぼえている手帳」は、認知症の高齢者ご本人と、ご家族や介護する方の力を合わせ、記録の蓄積と再生によって、この問題に対応。一人でも多くの認知症の高齢者の方に記憶を持ってもらおうと考えています。

残った能力と周囲の方の力で記録を記憶に 「二人三脚の記憶帳」
 認知症の人のすべてがいっぺんにいろいろなことができなくなるわけではありません。ご自身で文字を書くこともでき、ノートのページをめくることも、そこに書いてあることや挟まれた写真を見ることができる方がたくさんいらっしゃいます。また、ご家族の方や介護する方にも力を貸していただき、認知症の方でも残っている能力を活用して記憶を持ってもらうための仕組みを作りました。「二人三脚の記憶帳」、それが「おぼえている手帳」です。 

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク