MikroElektronika、1,000種類目のClick boardsとなるEtherCAT Clickを発表

MikroElektronika、1,000種類目のClick boardsとなるEtherCAT Clickを発表
拡大する(全1枚)
開発期間を数か月単位で短縮。mikroBUS標準はマイクロチップ、NXP、インフィニオンなどの多数の企業のMCU開発ボードに採用

実証済み標準を使用した革新的なハードウェア/ソフトウェア製品により開発期間の大幅な短縮を可能にする組み込みソリューションを提供するMikroElektronika(以下MIKROE、本社:セルビア、ベルグラード)は、1,000種類目のClick boards(TM)となるEtherCAT Click(https://www.mikroe.com/ethercat-click)を発表しました。EtherCAT ClickはSPIインタフェースを通じ、さまざまなプロセッサ上でEtherCAT機能をコスト効率の高い方法により実現します。

[画像: https://prtimes.jp/i/78827/1/resize/d78827-1-499000-0.jpg ]

MIKROEは開発ボード上のソケット向けの16ピンmikroBUS(TM)標準(https://www.mikroe.com/mikrobus)と、同標準を使用する小型Click boardsを10年前に発明しました。MIKROEの最高経営責任者(CEO)のNebojsa Maticは、すべての開発ボードが極めて類似しており、すべてがマイクロコントローラ、電源、タクト・スイッチ、LED、ピンを搭載していることに気づきました。開発ボードの差異化の決め手となるのは、UART、ディスプレイ、RTC、リレー、ADC、EPROMなどのペリフェラルです。Click boardsの使用により、設計エンジニアはペリフェラルを容易に変更し、開発期間を数か月単位で短縮することができます。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク