新型コロナウイルス:G7のワクチン供与合意を歓迎~パンデミック終息への重要な一歩【プレスリリース】

新型コロナウイルス:G7のワクチン供与合意を歓迎~パンデミック終息への重要な一歩【プレスリリース】
拡大する(全1枚)
[画像1: https://prtimes.jp/i/5176/1750/resize/d5176-1750-517487-0.jpg ]

【2021年6月13日 ニューヨーク発】

ユニセフ(国連児童基金)事務局長のヘンリエッタ・フォア、G7首脳会議において新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの供与が合意されたことを受け、以下の声明を発表しました。

* * *

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックを2022年に終息させることを目指し、最貧国における安全で効果的、かつアクセス可能で安価なワクチン接種を加速させるという、G7諸国の首脳による合意を、ユニセフ(国連児童基金)は歓迎します。COVID-19ワクチンへの公平なアクセスは、子どもたちを含むすべての人々にとって、このパンデミックから抜け出すための最も明確な道筋であり、G7メンバー国によるこの合意は、そのための重要な一歩です。

[画像2: https://prtimes.jp/i/5176/1750/resize/d5176-1750-212570-1.jpg ]

高所得国では多くの人々がワクチン接種後の生活を考え始めている一方で、低所得国では今も将来の見通しは暗いままです。今年のCOVID-19により死亡した人の数は、2020年の年間のCOVID-19による死亡者数を上回っていますが、これはワクチンが届かない数多くの国で発生したものです。ユニセフは特に、南米、アジア、アフリカでの感染拡大を懸念しています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク