暑い夏を広島の元気食材で乗り切る『Power Foods in Summer ~Cheer HIROSHIMA!食べて応援~』開催
拡大する(全1枚)
ANAクラウンプラザホテル広島(広島市中区、総支配人 飯沼潔人)では、2021年7月12日(月)より1階オールデイダイニング フリュティエにて『Power Foods in Summer』 をテーマに、ランチ&ディナー ライヴ・ステーション『Cheer HIROSHIMA! 食べて応援』の第4弾を開催いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/49322/25/resize/d49322-25-c7ac3a026e5a07b80052-0.jpg ]

コロナ禍で大きな影響を受けながらも、素晴らしい食材を提供していただいてる地元生産者さんを応援したい、との思いから2021年1月にスタートした『Cheer Hiroshima! 食べて応援』。7月・8月は暑い夏を元気に過ごす地元産の元気食材を使った元気になる料理をお届けします。

「7回洗えば鯛の味」と古くから言われる夏が旬の『瀬戸内の小イワシ』。豊富な餌に恵まれ、引き締まって脂ののった身は広島ではよく刺身でも食べられていますが、その鮮度抜群の小イワシをふっくらと揚げてレモスコ風味のエスカベッシュに。また環境配慮および健康意識の高まりを背景に注目を集める「大豆ミート」は、お子様も大好きなハンバーグにしました。動物性肉と比べて低カロリー、低脂質ながら植物性タンパク質や食物繊維を多く含むことからヘルシー志向の方にも安心してお愉しみいただけます。