航空機用ポンプの市場規模、2026年に45億米ドル到達予測

航空機用ポンプの市場規模、2026年に45億米ドル到達予測
拡大する(全1枚)
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「航空機用ポンプの世界市場 (~2026年):タイプ (油圧ポンプ・燃料ポンプ・潤滑油&スカベンジポンプ・水&排水ポンプ・空調&冷却ポンプ)・圧力・エンドユーザー (OEM・アフターマーケット)・技術・航空機タイプ・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月14日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1006283-aircraft-pumps-market-by-type-hydraulic-pumps-fuel.html

[画像: https://prtimes.jp/i/71640/138/resize/d71640-138-bc61a19561447ab3ec90-0.png ]


航空機用ポンプの市場規模は、2021年の33億米ドルからCAGR6.3%で成長し、2026年には45億米ドルに達すると予測されています。同市場は、航空機買い替えの増加や、軽量でコンパクトに改良されたシステムを備えた航空機へのニーズなどにより牽引されています。

COVID-19の航空機用ポンプ市場への影響

航空機用ポンプ市場には、Safran(フランス)、Eaton Corporation plc(アイルランド)、Parker-Hannifin Corporation(米国)、Woodward, Inc. (米国)、Crane Co. (米国)など、大手企業が挙げられます。これらの企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ、ラテンアメリカなど、さまざまな国で事業を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。業界の専門家は、COVID-19が航空機用ポンプの生産やサービスに与える影響は、2020年には世界全体で7~10%に至ると考えています。COVID-19の流行により、2020年の航空機の受注・納入が急激に落ち込み、航空機市場にマイナスの影響を与えました。一方、2021年第1四半期にはゆっくりとした回復が予想されています。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク