農業用ロボット市場、2026年に211億米ドル到達見込み

市場の動向及び成長要因
人口の増加に伴い、世界的に食料需要が急速に高まっています。その結果、農家は生産性を向上させ、より多くの収入を得るために、農業用ロボットのような最新のツールや機器にシフトしています。さらに、世界各国の政府は、補助金を提供したり、農家に自動化技術についての認識を広めるための取り組みを行っています。例えば、欧州連合(EU)は、労働集約的な作業を高度な自動化技術に置き換えるために、GRAPEやMARSなどのプロジェクトに資金を提供しています。さらに、いくつかの既存および新興の農業関連企業が、革新的な農業用ロボットを導入するための研究開発活動に投資しています。今後、世界の農業用ロボット市場は、2021年から2026年の間に年率25.50%で推移し、2026年には211億米ドルに達すると予測されています。

主要な市場区分
農業用ロボット市場は、製品タイプ、アプリケーション、製品、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の内訳は以下の通りです。
無人航空機(UAV)/ドローン
搾乳ロボット
自動収穫システム
ドライバーレス・トラクター
その他

アプリケーション別の内訳は以下の通りです。
フィールドファーミング
酪農管理
動物管理
土壌管理
作物管理
その他

製品別の内訳は以下の通りです。
ハードウェア
ソフトウェア
サービス

地域別の市場構成は以下の通りです。
北アメリカ
ヨーロッパ
アジア太平洋地域
中近東・アフリカ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク