航空機用熱交換器の市場規模、2026年には20億米ドル到達予測

航空機用熱交換器の市場規模、2026年には20億米ドル到達予測
拡大する(全1枚)
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「航空機用熱交換器の世界市場 (~2026年):用途 (環境制御システム・エンジンシステム)・タイプ (プレートフィン・フラットチューブ)・ベンダー (OEM・アフターマーケット)・プラットフォーム (固定翼機・回転翼機・UAV)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月16日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1006622-aircraft-heat-exchanger-market-by-application.html

[画像: https://prtimes.jp/i/71640/175/resize/d71640-175-767ba35be62606ea6fe3-0.png ]


航空機用熱交換器の市場規模は、2021年の13億米ドルからCAGR9.2%で成長し、2026年には20億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、主に商用・戦闘用航空機の増加と各国の軍事費に起因しています。熱交換器は、ミッションクリティカルな航空分野やその他の航空宇宙分野で重要な役割を果たしています。熱交換器は、ジェットエンジンの性能を最適化するための重要な部品であり、航空機の電子機器を正確に作動させるために不可欠であり、衛星が過熱することなく多くの目的を達成するために重要な役割を果たしています。また、石油化学、石油・ガス、電力業界におけるエネルギー需要の増加や、既存の航空・宇宙・エネルギーインフラのアップグレードに向けた投資の増加が、熱交換器の需要を押し上げています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク