メルカリ、地域の特産品を応援するプロジェクト「インディーズ土産全国デビューへの道」開始
拡大する(全1枚)
株式会社メルカリ(以下、メルカリ)は、本日から8月11日までの期間中、日本全国47都道府県の地元で愛されているお土産を応援するプロジェクト「インディーズ土産全国デビューへの道」を開始いたします。本プロジェクトは特設サイトで日本全国の“まだ知られていないが地元で愛されているお土産”を紹介し、参加者はTwitterに“推し土産”を投票することで地域を応援することができます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/26386/126/resize/d26386-126-6752735e4c948737ddec-0.jpg ]


■背景
「メルカリ」は今年7月2日にサービス開始8周年を迎え、月間1,900万人を超えるお客さまにご利用いただいています。サービス開始以来、スマートフォンひとつで売買できる手軽さや、売れる楽しさ、掘り出し物を探して買う楽しさのほか、安心・安全なプロダクト開発を強化することで日本全国多くのお客さまにご支持をいただいております。

オンラインで日本全国のモノが売り買いできる「メルカリ」では、これまでも日本全国の産地から直送される農作物や、その土地でしか買えない地域の名産品が多く取引されてきました。一方で昨年から続く新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、物理的な都道府県をまたいだ移動が規制されるなか、観光庁の発表によると2020年の日本人国内旅行消費額は前年比54.5%減の9兆9,738億円※1となり、観光地は経済的に大きな損失を受けています。また、多くの人が長引く外出自粛で自由に旅ができない時間が続いています。