成形用流体市場、2026年に36億米ドル規模到達見込み

成形用流体は、優れた潤滑性と優れた防食性を備えており、製造や成形時の傷や損傷から基材を保護するのに役立ちます。これらは、その効率を高めるための様々な添加剤で構成されています。さらに、成形用流体の特徴として、特に工業環境において、酸性条件や湿度から基板を保護することが挙げられます。成形用流体の選択は、アプリケーションの種類、プロセス、使用可能な水質、金属など、多くのパラメータによって決まります。これらのパラメータを適切に選択することで、コスト効率が高く、スムーズな金属成形プロセスが実現します。

主要な市場区分
世界の成形用流体市場は、製品タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成
圧延油
ハイドロ成形用流体
その他

用途別の市場構成
一次金属
輸送機器
金属加工品
機械類
金属缶
その他
用途別では一次金属が最大のセグメントとなっています。

地域別の市場区分
アジア太平洋地域
北アメリカ
ヨーロッパ
中近東・アフリカ
ラテンアメリカ
地域別では、アジア太平洋地域が最大の市場であり、世界市場の過半数を占めています。

市場の競合状況
世界の成形用流体市場における主要な企業としては、Afton、BASF、Chevron Oronite、Dow、Lonza、Lubrizol、Apar、Chevron、Columbia Petro、Gazprom、出光興産、Indian Oil、Lukoil、Pertamina、Sinopec、SK、Total Lubricants USAなどがあります。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク