大手前大学が「国際日本学部 新設記念シンポジウム」を2021年10月9日(土)に開催
拡大する(全1枚)
2022年4月新設の西日本初の国際日本学部!国際的視点で学生を育成

 大手前学園 (本部:大阪市中央区、理事長:福井要) は、本学の「歴史・言語・文化」の横断的な学びを強化することを目的とし、2022年4月、国際日本学部(総合文化学部より名称変更)を新設します。つきましては、学部新設に先立ち「国際日本学部 新設記念シンポジウム」を2021年10月9日(土)に開催します。
[表: https://prtimes.jp/data/corp/41766/table/63_1_16baeb3b0971daf35c26f1c3f9b6e91b.jpg ]


■国際日本学部の特徴
「歴史・文化・言語を横断的に学び、日本をグローバルな視点から見つめ直し、 その魅力を世界に向けて発信する人材を育てる」

1.横断的・学際的な学びを重視
「歴史」「文化」「言語」は本来、個別に存在するものではなく、相互に関わりあって成り立っています。例えば「歴史」という1つの分野においても、日本、東洋、西洋、さらには考古学や地理学も含めて横断的かつ体系的に学んでいきます。

2.日本から世界へ。世界から日本へ。国際的な視点で学ぶ。
日本の「歴史」「文化」「言語」を世界に発信することに加え、日本の「歴史」「文化」「言語」をグローバルな観点から掘り下げていくことで、日本社会のあり方を再構築する知見を身につけます。『日本と国際』という国際日本学部ならではの複合的な視点を通じて、社会で求められる人材を育成します。