「デザインの力による浪江町の復興まちづくりに関する連携協定」の締結

「デザインの力による浪江町の復興まちづくりに関する連携協定」の締結
拡大する(全1枚)
~全国初の隈研吾氏、伊東順二氏による約8haにおよぶ浪江駅周辺の建物や街並みのデザイン~

福島県浪江町(町長:吉田 数博、以下「浪江町」)、株式会社隈研吾建築都市設計事務所(所在地:東京都港区、代表取締役:横尾 実、以下「隈研吾建築都市設計事務所」)、伊東順二事務所(所在地:東京都世田谷区、代表:伊東 順二)および住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭 誠之、以下「住友商事」)(以下総称して「4者」)は、「浪江駅周辺整備計画」をはじめとする多様な取り組みを推進し、浪江町の復興に寄与することを目的として、「デザインの力による浪江町の復興まちづくりに関する連携協定」(以下「本協定」)を締結しました。

浪江町は、2011年3月に発生した東日本大震災および原子力発電所の事故により、甚大な被害を受けました。道路の復旧や生活環境の復興は進捗している一方で、現在の町内居住人口は震災前の1割弱にとどまっており、新たな産業や雇用の創出、地域コミュニティ活動の推進など、持続可能で住みよい環境整備が急務となっています。復興に向けたまちづくりを推進するために策定した中心市街地再生計画、浪江駅周辺エリアの「まちづくりビジョン」などを踏まえ、帰還者や移住者を増やし復興を加速させるため、2021年3月、「浪江駅周辺整備計画」を定めました。

本協定は、浪江駅周辺整備(約8ha)において、隈研吾建築都市設計事務所と伊東順二事務所が中心となって建物や街並みをデザイン・プロデュースし、4者が連携しながら、それらを水素や再生可能エネルギーの利活用と調和させて相乗効果をもたらし、イノベーションを創出するまちづくりを目指すものです。浪江駅周辺整備計画では、2021年度中にマスタープランを作成し、基本設計、実施設計を進め、2024年以降、各施設を順次整備していきます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク