宮崎県都農町初、「まちづくりホステルALA」が9月13日にオープン

宮崎県都農町初、「まちづくりホステルALA」が9月13日にオープン
拡大する(全1枚)
約5,000平方メートル の耕作放棄地と2軒の空き家を再生。町を超えて町内外の人と繋がり、都農町の未来を創っていくまちづくり連動型ホステル

 
 まちづくりスタートアップの株式会社イツノマ(所在地:宮崎県都農町 代表取締役:中川敬文)は、「働く」「学ぶ」を楽しむ町内外の人たちと、「まちづくり」を共に学び、実践する拠点として、「まちづくりホステルALA」を開業します。
 人口1万人の町「都農町」は、高齢者が人口の4割を占めており、今年閉校になった都農高校の卒業生で都農町に残ったのは5名だけ、残りの学生は仕事を求め町外に出てしまっているのが現状です。高齢化、若者流出の解決策の1つとして、まちづくりホステルALAを開設し、世界中から人が集まり「まちづくり」を探求し、共に地方を盛り上げる仲間を増やしていきます。


[画像1: https://prtimes.jp/i/71777/11/resize/d71777-11-fbcbc1cd72c19c443e4e-12.png ]


【まちづくりホステルALA】

[画像2: https://prtimes.jp/i/71777/11/resize/d71777-11-cc76e33199ccc7849561-0.png ]


 約5,000平方メートル の畑にホステルが位置していること、都農町は「農の都」と呼ばれ、「畑」は町民の人にとって大切な存在であることから敬意を表し、フィンランド語で畑を表した「ALA」をホステル名にしました。また日本語で「あら」は、町内外の方がセレンディピティを起こした時に発する言葉で、ALAに訪れた人が何か新しい気づきや、感動が生まれるような場になるよう願いを込めました。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク