自己脂肪由来幹細胞を使った“慢性疼痛”治療始まる

【慢性疼痛とは】
慢性疼痛は痛みの原因が治癒した後にも痛みが残存する病的な病態です。国際疼痛学会(IASP)では、「治療に要すると期待される時間の枠を超えて持続する痛み、あるいは、進行性の非がん性疼痛に基づく痛み」と定義され、3ヶ月以上続く痛みとされています。患者数は国民の22.9%を占め、約4人に1人は慢性的な痛みを抱えているとされ、年齢も20代から60代以上と幅広く、痛みの原因が特定できないことも多いことから、診断や診療を困難にしています。
治療法は、薬物療法、神経ブロック療法、認知行動療法やリハビリを実施し、痛みを和らげる方法が一般的です。
慢性的な痛みは、疲労感、睡眠障害、食欲減退、体重減少など日常生活において様々な悪影響を及ぼすため、早期に痛みを改善することが大切です。

※1慢性疼痛で最も困っている部位(上位10部位)
[画像1: https://prtimes.jp/i/49913/4/resize/d49913-4-337cef74e3753b9afd7a-0.jpg ]


※2「慢性疼痛保有率(有病率)」(下部左図)と「痛みの原因(きっかけ)」(下部右図)
[画像2: https://prtimes.jp/i/49913/4/resize/d49913-4-5bf6e2bc0d7f46c06299-1.jpg ]


※1、※2出典:日本における慢性疼痛の実態- Pain Associated Cross-sectional Epidemiologica1(PACE)survey 2009.JP一松平 浩ら,ペインクリニック,Vol.32 No.9( 2011.9) 1345-56より

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク