仮想通貨小説で第160回芥川賞を受賞した作家 上田 岳弘 氏と グラコネ がコラボ

仮想通貨小説で第160回芥川賞を受賞した作家 上田 岳弘 氏と グラコネ がコラボ
拡大する(全1枚)
NFTによるボトムアップ型コンテンツ創出プロジェクト「Loot」の仕組みを応用した実証実験上田氏の世界観を2020個のNFTに置き換え 人々の精神に何かを書き込む プロジェクト

SDGs x Blockchainで社会を変える想いを繋ぐプラットフォームの運営やNFT事業を中心とするコンサルティングを手掛ける「株式会社グラコネ」(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤本真衣、以下 グラコネ)は、新時代の仮想通貨小説として注目を集め、第160回芥川賞受賞を受賞した『ニムロッド』の著者、上田岳弘氏とグラコネのコラボレーションにより、NFTによるボトムアップ型コンテンツ創出プロジェクト「Loot」の仕組みを応用した実証実験を2021年9月から実施することを発表します。


■上田氏とグラコネによる実証実験の概要

芥川賞作家の上田氏とグラコネのコラボレーションによって実施される、NFTを活用したボトムアップ型コンテンツ創出プロジェクト「Loot」の仕組みを応用した実証実験プロジェクトで、技術協力として NandemoToken氏が参画しています。

この実証実験では、上田氏がアートとして世に出すObsessionをLoot Obsession2020として、 イーサリアム上に2020個のNFTを無料配布します。一般的には、ゲームの武器やキャラクター設定のLootが多いですが、「Obsession2020」は作家のObsessionが他のアートに広がった結果生まれる他者のObsessionをアウトプットとし、そこから作品を想像させるように設計されています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク