10月1日は「大切な問いに向き合う日」。一般社団法人 日本記念日協会による認定のもと正式登録

10月1日は「大切な問いに向き合う日」。一般社団法人 日本記念日協会による認定のもと正式登録
拡大する(全1枚)
株式会社MIMIGURI(本社: 東京都文京区 代表取締役:安斎勇樹・ミナベトモミ、以下MIMIGURI)は、この度毎年10月1日を「大切な問いに向き合う日」として申請し、一般社団法人 日本記念日協会による認定を受け、正式な記念日として登録されました。日付は10と1で「と(10)い(1)=問い」と読む語呂に由来しています。

■「大切な問いに向き合う日」制定の背景

厚生労働省による「平成30年若年者雇用実態調査の概況」によると、初めて勤務した会社をやめた理由(3つまでの複数回答)として、「人間関係がよくなかった」ことを挙げる若年者が26.9%に上るなど、組織内における関係性の問題は、社員にストレスを与える代表的な要因の一つに数えられます。

参照:平成30年若年者雇用実態調査の概況|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/4-21c-jyakunenkoyou-h30_gaikyou.pdf

また、組織内における関係性の問題は、若者の早期離職以外にも様々な問題を引き起こします。2020年6月に学芸出版社から刊行された書籍『問いのデザイン -創造的対話のファシリテーション』(安斎勇樹、塩瀬隆之)では、企業、学校、地域など様々な組織における関係性や認識の固定化が、アイデアの枯渇やコミュニケーション不全による求心力の低下を招くことを指摘し、それらの複雑な問題を解決する上で「問い」のデザインが効果的であることを主張しています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク