血管破壊剤(VDA)市場、2021年から2030年にかけて健全に成長見込み

血管破壊剤(VDA)市場、2021年から2030年にかけて健全に成長見込み
拡大する(全1枚)
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「血管破壊剤市場:2021年~2030年」(Roots Analysis)の販売を9月27日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/root1017510-vascular-disrupting-agents-market-indications.html

[画像: https://prtimes.jp/i/71640/976/resize/d71640-976-3129d80738379dd6540c-0.jpg ]


市場の概要
WHOによると、がんは世界の主要な死亡原因の一つであり、2020年の死亡者数は1,000万人と推定され、2030年には1,300万人に達すると予測されています。さらに、診断されたがんの90%は固形がんであり、これらのがんの治療のために多数の新規抗がん剤治療が開発されています。過去5年間で、米国食品医薬品局(USFDA)は、さまざまな種類のがんの治療に100種類以上の薬剤を承認しています。しかし、世界人口の増加に伴い、危険因子やがんの原因となる物質が増加しているため、生命を脅かすこの複雑な臨床症状に対処するために、より特異的で強力な薬剤/治療法が急務となっています。固形腫瘍は、急速に成長する悪性細胞の塊を形成するという本質的な性質を持っているため、血管新生と適切な血液供給が腫瘍集団の生存に不可欠です。そのため、腫瘍の血管系は魅力的で有望な治療ターゲットであり続けています。血管破壊剤(VDA)は、確立された腫瘍血管系を標的とし、それによってがん組織への血流を遮断する治療的介入です。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク