関東学院大学の学生達がラジオ局のスタジオデザインプロジェクトを開始!
拡大する(全1枚)
~株式会社金沢シーサイドFM設立からスタジオデザインを学生達で~

 株式会社金沢シーサイドFM本社:神奈川県、横浜市、共同代表取締役兼関東学院大学:松原勇稀、共同代表取締役:尾澤仁虎瑠は、6月1日に横浜市金沢区にコミュニティFM放送局を開局、運営をするため株式会社金沢シーサイドFMを設立した。コミュニティFM放送局とは総務省から電波が交付される基幹放送の一種で、全国に300局以上の放送局が立ち上がっている。
共同代表取締役:松原勇稀と同大学の関東学院大学建築・環境学部建築・環境学科酒谷研究室が、スタジオのデザインを手掛ける。スタジオの場所は横浜市金沢区並木にあるビアレ横浜ショッピングモール内にオープンする予定だ。
 そんなラジオ局のスタジオデザインを関東学院大学建築・環境学部建築・環境学科・酒谷研究室の学生達がデザインを手掛ける。


全く新しいメディアの在り方~コミュニティFM放送局~

 

[画像1: https://prtimes.jp/i/81303/4/resize/d81303-4-28de4aa2466660750bee-3.png ]

 現在日本では、人口減少に伴い地方衰退が問題視されている。横浜市金沢区も例外ではない。

 地方衰退の大きな要因として「地域情報の過疎化」「地域間のコミュニケーションの不成立」があげられる。

 テレビを見れば東京や、大阪、福岡などの中心都市と言われる情報はすぐにでも取得することができる。インターネットの普及により全世界の人と、どこにいても繋がることができるようになった。しかし、肝心の我々が住んでいる地域のおいしいお店や、観光地、特産物や、歴史など、本当に必要な地域情報を取得することが難しくなったのではないだろうか?地域に新しいお店ができても情報が伝わらない、情報が伝わらないから新しいお店を作らない、お店がないから人が出ていく。こうした循環で地域が着々と衰退の道を進んでいく。なぜ地域の情報が伝わらないのか?