FastLabel、「Startup Switch 2021」にてソニー賞 準グランプリ受賞

FastLabel、「Startup Switch 2021」にてソニー賞 準グランプリ受賞
拡大する(全1枚)
テクノロジーの活用でAI教師データ課題を解決

AI革命のインフラを目指すFastLabel株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:鈴木健史、以下「当社」)は、ソニーグループ株式会社(以下「ソニー」)と京セラ株式会社(以下「京セラ」)、DIC株式会社(以下「DIC」)、株式会社LIXIL(以下「LIXIL」)が開催した「Startup Switch 2021」にてソニー賞 準グランプリを受賞したことをお知らせします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/65427/23/resize/d65427-23-9ddafb65ce9ed2afc2f0-0.jpg ]


「Startup Switch 2021」とは


Startup Switch 2021は、独創的なアイデアやテクノロジーを活用して持続可能な社会創出を目指すスタートアップや起業予定の個人を対象としたコンテストです。過去2回、ソニーが単独で開催し、第3回目となる今回は新たな試みとして、新規事業に注力する京セラ、DIC、LIXILと連携して開催されました。


FastLabelがソニー賞 準グランプリ受賞


今回、持続可能な社会創出を目指すスタートアップや起業予定者200件以上の応募があり、2021年10月4日(月)に行われた最終審査会ではファイナリスト8組がオンラインでプレゼンを実施した結果、当社はソニー賞 準グランプリを受賞。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク