ロベコ、2050年までの排出量ネットゼロに向けたロードマップと2025年、2030年の短中期目標を発表

ロベコ、2050年までの排出量ネットゼロに向けたロードマップと2025年、2030年の短中期目標を発表
拡大する(全1枚)
2021年10月27日 ロッテルダム:ロベコは、2050年までに温室効果ガス排出量ネットゼロを達成するための戦略と短中期目標を発表しました。

ロベコはその投資において、2025年までに30%の脱炭素化、2030年までに50%の脱炭素化を目指します。年約7%の脱炭素化軌道を適用することにより、この先数年間は世界経済全体よりも速いペースで脱炭素化を進める見通しです。また、投資先に求めるのと同様の基準を自らにも適用し、2050年までに事業活動における排出量ネットゼロ達成という目標も設定しました。事業活動における排出量を2025年までに35%、2030年までに50%削減することを目指します。出張、電力、暖房、その他の事業活動に関連する全排出量が対象となります。

ロベコは、移行が追い風になると判断した企業に投資し、行動に遅れがみられる企業へのエンゲージメントを行うことで、移行の加速を促します。具体的には、投資ユニバース内の排出量上位200社に対する議決権行使とエンゲージメントを通じて、アクティブオーナーシップ活動を強化します。ポートフォリオ全体の排出量の20%に相当する55社に対しては、気候関連に的を絞ったエンゲージメントに注力します。加えて、国債の発行体である各国政府との対話を強化します。他の投資家と協調しながら、ネットゼロへの移行において重要な役割を担う各国政府に対し、気候関連アクションを呼びかけてまいります。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク