リモートワークを支援するクラウドサービス「infoScoop × Digital Workforce」がタレントマネジメントシステム「カオナビ」と連携
拡大する(全1枚)
~SAMLでのシングルサインオン(SSO)とID管理によるアカウント自動管理を実現~

株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:北野 裕行 以下 ユニリタ)が提供するリモートワークを支援するクラウドサービス「infoScoop × Digital Workforce(インフォスクープ デジタルワークフォース)」は、株式会社カオナビ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:柳橋 仁機)が提供するタレントマネジメントシステム「カオナビ」と連携を開始しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/84541/28/resize/d84541-28-4da912658c4ae4a78124-0.png ]

現在、リモートワークや在宅勤務などの新しい働き方が浸透しているなか、企業では業種・業界問わずいつでもどこでも使えるクラウドサービスの利用が増加しています。クラウドサービスの利用が増加し便利になる一方、課題も多く発生しています。利用者にとって、システムごとに発生するログインの煩わしさや、パスワードの使い回しによるセキュリティリスクの増加などが課題となっています。さらにシステム管理者はより多くのアカウント情報を管理することが必要となり、業務負荷の増大、人的ミスによる誤操作やアカウントの削除漏れによる情報漏えいのセキュリティリスクなども課題となっています。

これらを解決する方法として、一度のログインで複数のシステムを安全に利用できるシングルサインオンと、複数のシステムのアカウント情報を統合的に管理するID管理に注目が集まっています。