老舗寝具メーカーロマンス小杉、1年に約20枚しか製造できない幻の純国産真綿ふとんを新発売
拡大する(全1枚)
伝統の意志を引き継ぎ、京都丹後にて真綿ふとん生産拠点を発足

寝心地・使い心地にこだわる「ものづくり」にチャレンジし続けてきた老舗寝具メーカー株式会社ロマンス小杉(本社:京都市下京区/代表取締役社長:小杉 源一郎)は、今春より京都丹後地区にて新たな生産拠点を構え、持続可能な手引き真綿ふとん作りに取り組んでいます。

真綿ふとんとはシルクを丹念に手作業で引き伸ばして作られた布団のことです。長い歴史をもつ、まさに日本の伝統が生み出したねむりの逸品です。

・伝統の意志を引き継ぐ
しかし真綿ふとんを取り巻く環境は年々厳しくなっています。原料の高騰はもちろん、後継者不足が原因の一つにあり、手間のかかる伝統のモノづくりは受け継がれにくくなっています。 今春より弊社は「近江真綿職人」北川茂次郎氏の意志を引き継ぐ「丹後の匠」糸井拓氏(株式会社糸利代表取締役)とともに京都丹後地区にて新たな真綿の拠点を構えることにしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/86729/7/resize/d86729-7-4eeec874eb3b65d7608f-4.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/86729/7/resize/d86729-7-631740c220785e3f0840-0.jpg ]


・持続可能な事業を創る
古くから丹後ちりめんで有名なシルク生地の産地である京都丹後地区。培われた技術と恵まれた気候はまさにシルクに愛された土地として長い歴史を刻んできました。ちりめんと違った真綿ならではのシルクの良さを発信したいと思い、この地を新たな国内手引きの拠点とし、手引き真綿を持続可能な事業として後世に残して行きたいと考えています。